« ハイジの里マイエンフェルト | トップページ | マッターホルン »

2005年9月27日 (火)

憧れの氷河特急

9月27日(火)今日はルツェルンからバスでアンデルマットへ行き、そこから昔から乗ってみたいと思っていた「氷河特急」に乗る予定。残念ながら氷河特急は2等車。まずはアンデルマットで昼食をとりました。メニューはスイスの名物「ラクレット」。夫が「ラクレットは超おいしいよ♪」と言っていたのでかなり期待をしていたのだけれど、出されてびっくり、結構うすっぺrakuretらいチーズとジャガイモがお皿に盛られているだけ。食べてみるとチーズの味が濃厚でとてもおいしかった♪おかわり自由といわれたけど、こってりチーズだったので、さすがにおかわりは出来なかった。(後日談:夫のときは、ずた袋に蒸かしたいもがたくさん入っていて、それをラクレットチーズにつけて食べたらしい。う~ん、そっちの方がおいしいそう…)

train昼食をすませて、いよいよ氷河特急の電車へ。山の上からゆっくりと走って降りてくる氷河特急を皆がカメラで撮っている姿は私も含め、カメラ小僧のようでした。乗ってみると、想像していたのより窓が小さい…ガイドブックにtrain1は天井まで窓があったような。とよく見直してみるとそれは、パノラマ車両という特別車両らしい。「2等車は普通じゃんっ」と思ったのでした。景色は、牛などのほのぼのとした風景や、山々の景色を見る事が出来たけれども、期待が大きかっただけに少し期待ハズレでした。そもそも、氷河を見る事が出来たので「氷河特急」というらしいが、今は、氷河が見れたところは、冬も走行できるようにトンネルになってしまって氷河を近くに見る事はできないとのこと。(涙)3時間の列車の旅を終えツェルマットに到着。今日は、移動の旅でした。 

|

« ハイジの里マイエンフェルト | トップページ | マッターホルン »