« シャモニ・モン・ブラン | トップページ | さよならスイス~ »

2005年9月30日 (金)

ユングフラウヨッホ

yunng9月30日(金)いよいよ最後の山登りです。

私たちは、ラウターブルネン~ユングフラウヨッホ駅まで鉄道電車に乗りました。ユングフラウヨッホ駅は、鉄道駅としてはヨーロッパ最高地点で標高3474m。(ユングフラウヨッホの山の高さは4158mでちなみに富士山の高さが3776m)富士山の頂上近くまで、電車で行けてしまうのだからスゴイ…。勿論、電車からの眺めはすばらしく、まるで雲の上にいるようでした。いや、いました(笑)。

swissguratan昼食は、途中駅のクライネルシャデックでグラタンを食べました。グラタンにりんごジャムが添えてあり、一緒に食べるとこれがまたおいしい♪お家でもやってみようと思う私なのでした。

ユングフラウヨッホ駅に到着。 さすがに、ここの駅は建物が大きく、展望台や、氷の宮殿などにも室内から行けるようになっているので、ゆっくり見る事yunng1ができます。でも、一歩外に出ようものなら、一瞬で凍りつくような風?吹雪がビュービュー吹いています。そして、ここもまた、4158と書かれた特別消印を押してくれるというポストがあり、「特別」に弱い私は、またもや葉書を出したのでした。

swissyung2この日は、曇りでしたが、雲がうまい具合にどいてくれたので、アイガー・メンヒ・ユングフラウ・世界遺産のアレッチ氷河すべて見る事が出来ました。というわけで、スイスの訪れた3つの山のうち、2つを見る事ができました。添乗員さんが言うには、3つ見れるのは、「奇跡」で2つ見れるのは、「ラッキー」なんだそうです。らっきーです(笑)

最後の宿泊先は、グリンデルワルト。そこのホテルは、内装が、ロッジのような雰囲気で眺めもサイコ~。とても良かったです。

|

« シャモニ・モン・ブラン | トップページ | さよならスイス~ »